2014年04月27日

第4回

図版1:エスメラルダPDD VA.jpg
図版1:『エスメラルダ』を演じるカルロッタ・グリジ

 ボンジュール!エスメラルダに扮して、ふたたびカルロッタ・グリジです。『ジゼル』初演から3年後の姿です。この頃の私は、パリ・オペラ座に所属しながらロンドンでも活動の場を広げ、バレリーナとして名声を得ていまいた。少しはパリでの刺激を受けてあか抜けたでしょうか。
 私の横でひざまづいている男性がいますね。この人は私をパリ・オペラ座での『ジゼル』初演に導いた重要人物で、この『エスメラルダ』の振付家でもあります。
 今回から数回に分けて、名作『ジゼル』の誕生を支えた人たちについて、皆さんにご紹介したいと思います。

図版2:ドガが描いたペロー.jpg
図版2:1871年から1874年ころのオペラ座のバレリーナたち

 それでは、図版2の絵を見てください。この絵を見たことがある人も多いのではないでしょうか。現在、パリのオルセー美術館に所蔵されている踊り子たちの絵で、有名な画家エドガー・ドガが描いたものです。
 これは、1870年代普仏戦争後のオペラ座の稽古場の様子です。皆さんがイメージするガルニエ宮のオペラ座(1875年開場)ではなく、火事で焼ける前のル・ペルティエ通りにあったオペラ座です。レッスンが終わって、くつろいでいるバレリーナたちの雰囲気が伝わってきます。
 稽古場の中央に老紳士がいますね。この人は誰でしょう。彼こそ、私の元恋人でバレリーナとして育て上げてくれたジュール・ペローです。図版1でひざまづいている男性のおよそ30年後の姿ということです。
 ペローとドガは親しかったこともあり、ドガは稽古場に入り、踊り子たちの日常の姿を描けたのでした。この絵のペローを見ると、現役を引退してからも、踊りへの情熱を持ち続けているように感じられます。厳しい視線をバレリーナたちに向け、指導していたことでしょう。
 ペローは、結局オペラ座の公式の振付家にはなれませんでしたが、バレエ史上重要な役割を果たしました。デンマークのバレエの基礎を築いたオーギュスト・ブルノンヴィルに影響を与え、1870年代、活気のなくなったオペラ座の振付家に就任したルイ・メラントを支えたのもペローでした。
 そこで、『ジゼル』、『エスメラルダ』、『パ・ド・カトル』などの名作を残してはいますが、あまり語られることないペローの人生について、少し詳しくお話したいと思いますので、どうぞお付き合いください。

図版3:ペロー ジンガロ .jpg
図版3:『ジンガロ』を踊るジュール・ペロー(1841年ころ)

☆「男シルフィード」と呼ばれたジュール・ペロー☆
 ここで図版3をご覧ください。これは、ペローが31歳ころの姿で、ダンサーとして最盛期の頃でしょうか。ここに描かれているペローが踊る『ル・ジンガロ(イタリア語でジプシーの意味)』というオペラ・バレエ(歌と踊りで構成されている当時の一般的な作風)は、私とペローにとって記念すべき作品です。この『ル・ジンガロ』で、私たちは1840年にルネサンス劇場でパリデビューを果たし、大成功を収めました。その時の観客には、名だたる批評家やオペラ座の若い踊り子たちもいたようです。
 その批評家の中に、後に『ジゼル』の台本を書いた作家のテオフィル・ゴーチエがいました。彼はめったに男性ダンサーを褒めないのですが、この公演を見て興奮した様子で、次のようにペローのことを書いています。
 「ペローは決してハンサムではない。それどころかひどく醜いと言ってよい。・・・しかし、私はペローの脚については黙ってはいられない。・・・足首と膝関節は、並外れてほっそりしていて、どこか女性的に丸みを帯びた脚を女性的すぎないようにしている。柔らかでしかも強く、優雅かつしなやかな脚である。」と言っています。なかなか良く観察していますよね。そして、ペローの跳躍の素晴らしさを評して「男シルフィード」と表現したのでした。

☆ジュール・ペローの生い立ち〜役者見習いからの舞台生活☆
 では、ジュール・ペローは、どのようにしてダンサーの道を歩みはじめたのでしょう。ペローは、1810年8月18日、フランスのリヨンという街で生まれました。父親が劇場の道具方主任をしていて、父の望みで9歳ころにダンスをはじめたと言われています。
 ペローが一番最初にあこがれたのは、シャルル・マズリエという道化役者でした。ペローは、マズリエの舞台を見て、アクロバティックな身振りや動きを身につけ、自分自身も舞台で踊るようになっていました。しかし、地方都市での活動には、限界がありました。
 ペローは、わずか12歳でパリに行き、まず大衆向けの劇場ゲテ座で踊り、次にポルト=サン=マルタン劇場で、身体の動きだけではなく、マイムや演技の表現などに磨きをかけてゆきます。観客も、ペローのエネルギーに満ちたパフォーマンスに感銘を受けていました。
 2つの特徴の違う劇場〜大衆的なゲテ座ともう少し客層が洗練されたポルト=サン=マルタン劇場〜での見習い修業時代に、ペローはさまざまな客層のニーズに応える芸域を広げたのでした。特にポルト=サン=マルタン劇場では、実験的な作品づくりができ、また、劇場運営や制作についても学びました。 

図版4ヴェストリス肖像Auguste_Vestris.jpg
図版4:オーギュスト・ヴェストリスの肖像画

☆運命の出会い【その一】 バレエの師オーギュスト・ヴェストリス☆
 ペローはもっと自分の技術を高めようと思い、仕事の空き時間を使って、バレエの稽古をはじめます。かのナポレオンをも魅了したオペラ座の名男性ダンサー、オーギュスト・ヴェストリスが引退後バレエの指導をしていたのです。ペローは彼の元でバレエの基礎を学びました。
 指導したヴェストリスもペローの才能を見抜き、なんとかパリ・オペラ座への道を拓こうとしました。しかし、この頃のパリ・オペラ座に君臨する男性ダンサーたちは、エレガントで美形というのが特徴でした。弟子のペローはというと、先ほどのゴーチエの表現が物語るように、容姿では勝負できませんでした。
 そこで、ヴェストリスは、ペローの軽やかな風のような身のこなし、跳躍を活かした「ペロー・スタイル」を提案したのです。それがどのようなスタイルであったのか。ペローと同様、ロマンティック・バレエのダンサーで振付家の一人、デンマーク出身のオーギュスト・ブルノンヴィルが伝えています。彼は、ペローと一緒にヴェストリスの稽古を受けていて、ペローと並ぶヴェストリスの有能なもう一人の弟子でした。
 「絶対に観客に容姿をじっとみられないように、舞台の上を飛び回って動くんだ!」とヴェストリスは、ペローにアドヴァイスをしていたようです。
 そして、1830年に念願のパリ・オペラ座デビューがやってきます。おそらく、フランスで踊るダンサーならだれでも、オペラ座で踊ることを望んだことでしょう。オペラ座では、ペローはマリー・タリオーニのパートナーとして踊るようになり、ダンサーとしての地位を確実にしてゆきました。
 しかし、だんだんとマリーは、人気が高まるペローにライバル心を抱くようになり、態度を変えていったのです。このことが、オペラ座でのペローの立場にどう影響したかはわかりません。
 ペローは、ダンサーとしての正当な評価を得たいと思い、1835年オペラ座を去ります。その後、ナポリ、ロンドン、ミラノ、ウィーン、ミュンヘンを巡り、各地で成功を収めたのでした。
 さて、いよいよクライマックス!ペローと私、カルロッタ・グリジの、お互いの人生を変える出会いがやってきますが、次回のお楽しみということにいたしましょう。

*******************************************************************
図版1:『エスメラルダ』を踊るカルロッタ・グリジとジュール・ペロー
作者:Jules Bouvier
制作年:1844年ころ
所蔵:ヴィクトリア&アルバート博物館 ロンドン

図版2:1871年から1874年の間オペラ座でバレリーナを指導するジュール・ペロー
作者:エドガー・ドガ
制作年:1875年 
所蔵:オルセー美術館 パリ
(1986年からオルセー美術館、1911年から1986年まではルーヴル美術館)

図版3:『ル・ジンガロ』を踊るジュール・ペロー
作者:Alexandre Lacauchie
制作年:1841年ころ
所蔵:Bibliotheque de la danse Vincent Warren
   こちらの図書館に所蔵されています。
   http://esbq.asp.visard.ca/Record.htm?record=10104857124929220399&lang=EN

図版4:オーギュスト・ヴェストリスの肖像画
作者:Thomas Gainsborough
制作年:1781年
所蔵:テート・ギャラリー ロンドン


※当ブログに掲載されている文章及び画像等の無断転載はご遠慮下さい。

コピーライトマーク Sapporo Art Park Ballet Seminar 2014.All Rights Reserved.


【関連する記事】
posted by 札幌芸術の森 バレエセミナー at 19:03| バレエ史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。